PocketAir

格安航空券を予約してみた。

格安航空券は、読んで字のごとく安い航空券です。最近ではLCCと呼ばれる格安航空も普及してきていますが、これが大多数を占めると言っても過言ではありません。また、大手航空会社の1か月先の割引や3か月先の大幅割引などもこれに含まれるケースがあります。
格安航空のメリットは、安く目的地に着くということです。陸でつながっている場所であれば、高速バスや新幹線など、海を渡らなければならない場所は船などを使うことも検討されますが、目的に早くそして安くたどり着けることは大きな魅力となるはずです。飛行機代を安くした分で豪華なランチやディナーを食べるなんという楽しみも作れることでしょう。
ただ、安いというだけでないのが格安航空券のデメリットでもあります。あらかじめ何月何日何時に行くという確定事実がないと航空券を買うことが難しいのが難点でもあります。都合が悪くなったときに払い戻しができるタイプのものもありますが、たいていは予約変更しないという条件において安くなっているわけですから、買いなおしたりするとかえって高くつく場合もあります。確実に乗れる、確実に行くという状況で格安航空券を検討してみるということが大切かもしれません。気軽に快適に空の旅を楽しむなら、こちらのサイトは、格安航空券の予約が簡単にできるのでお勧めです。比較しながら、自分にあった航空券を買うことができました。

格安航空券を買って搭乗してみた。

旅行する時って乗り物の快適さと値段のお手頃さを天秤にかけて考えますよ。一般に格安旅行に快適さのイメージはないと思うのですが、実は格安航空券に関して言えばそれは全く当てはまりません。私が初めて格安航空券を使ったのは初めて一人旅に出た時で、日本国内を自由に移動するのに時間×距離×値段で考えた時に一番パフォーマンスが良いと思ったからです。実際に乗ってみて一番最初に感じたことは、「快適だ」ということです。比較的短い時間の旅で、飛行機に乗るワクワク感と自分の時間を持てている感覚がありました。
もっと具体的に書いていきます。搭乗前に心配だったこととして、サービスがないことに対して違和感を感じるのではないかということがありましたが、結果として、飲食物の社内販売がないだけであって、搭乗しているスタッフの方は最高の接客態度でのぞんでくれました。むしろ、頻繁にスタッフが通らないことにより、ゆったりとした時間の流れを感じることができました。
また、座席が悪いのではないかと勝手に懸念していたのですが、窓際の景色がよく見える座席で、東京から西日本方面に向かって飛ぶときに、富士山がとても綺麗に見えたことを覚えています。いままでで、一番満足できる旅ができました。